スペラサン ロゴ

SUPERAÇÃO=克服する

GOAL

目標は食事も運動も「“自己管理”できる事」

ターザン&ジェシカ

メイントレーナー 石渡 昂士
サポートトレーナー 石渡 ジェシカ

ダイエットやボディメイクに必要なものは運動や食事に対する意識づくりが大切だと考えています。
「あれを食べない、これを食べない」とただ食事を我慢して痩せる事はできても、その生活をやめてしまうともちろん元に戻ってしまいます。
長期的に目標を達成したその先のことを考えるとただ我慢するのではなく、
「なぜ太るのか」
「なぜ痩せることができたのか」
「何を食べてカラダにどういった反応があるのか」
そういった“意識”を持つことにより、使い分けや調整ができるような”生活”を習慣化していくことで自身で食事や生活を”自己管理”していけるようお手伝いしていきます。

ボディメイクにおいてウェイトトレーニングも大切ですが、現代人の多くは動物のように本来の生き物の持っている機能性を失い生活しています。
体の軸や重心を意識した自重(自身の重さ)や軽いウェイトを使った全身運動を取り入れパフォーマンス性のある体を習得し機能性のある自然でキレイな体(動ける体)を目指していきます。
そのために、自身の頭でイメージした動きが実践できるようにカラダをコントロールしていきます。
「日ごろの運動不足を解消したい」
「痩せたい」
「楽しく体を動かしい」
「趣味が欲しい」
などなど
目的は何でも構いません。
目標に応じてフィジカルトレーニングや筋トレ、キックボクシングを行っていきます。

ジム内の紹介

ジム内風景

ボディメイクにおいてウェイトトレーニングも大切ですが、現代人の多くは動物のように本来の生き物の持っている機能性を失い生活しています。
体の軸や重心を意識した自重(自身の重さ)や軽いウェイトを使った全身運動を取り入れパフォーマンス性のある体を習得し機能性のある自然でキレイな体(動ける体)を目指していきます。
そのために、自身の頭でイメージした動きが実践できるようにカラダをコントロールしていきます。
「日ごろの運動不足を解消したい」
「痩せたい」
「楽しく体を動かしい」
「趣味が欲しい」
などなど
目的は何でも構いません。
目標に応じてフィジカルトレーニングや筋トレ、キックボクシングを行っていきます。

PROFILE

プロフィール画像

石渡 ターザン 昂士
1989/12/16
東京都出身
170cm / 72kg

私は元々美術部であったりと運動にはあまり縁がなく、社会人になってから筋トレとキックボクシングをはじめ、体を動かすことや体を作っていくことの楽しみを覚えました。
現在、営業職(法人営業部/部長)として勤務しながら、
・現役プロキックボクサー(リングネーム:石渡“ターザン”昂士)
・インストラクター/トレーナー(幼少児クラス~大人クラスまで)
・ボディメイクコンテスト出場
等の活動も行っております。

その結果、SNS等で、
「どうやって体重落としてるの?」
「カッコいい筋肉をつけたいです!」
「なにを食べれば良いのですか?」
等の質問をいただくようになりました。

試合の減量時は2ヶ月で17kg痩せたことがあります。
※これは健康的ではないですし、体に大きな負担がかかりますのでお勧めしません!
私の自身の多くの失敗や成功をベースにした経験を伝えられるのが、SUPERAÇÃO(スぺラサン)のトレーニングです!
「楽しみながら、継続できる」をコンセプトに、キックボクシングやフィジカルトレーニング(筋トレ)をご希望に合わせて行います!

SCHEDULE

MESSAGE

一番の目標は食事も運動も「”自己管理”できる」事。
勉強やスポーツや仕事は、努力したら必ずしも数値的に向上できるかといったらなかなか難しいのも事実ですが、ボディメイクは違います!
頑張った分だけ自分に変化をもたらし、思った以上の自信をもたらしてくれます。

なによりまず、楽しむこと!!
運動嫌いだった元美術部の私がプロキックボクサーとして活動し、ボディメイクコンテストに出場できたのも体を動かすこと・鍛えることを楽しめたからです。
楽しければ継続していくことができます。

楽しみながら理想の自分を目指しましょう^^

BLOG

足首が太いと感じている方

2021/11/30

足首が太いと感じている方 そういうときって足の裏が痛かったりしませんか? もし当てはまる方は、足首の指が使えていなかったりして、足でうまく体重を支えられていないかもしれません。結果的に筋力低下や足首周りに負担がかかったり、腱が発達したりで血の巡りが悪く(浮腫み気味)なってしまっているかもしれません。 足の底はアーチになっており足の裏の筋膜はアーチを支えて……

痩せるのも太るのも大変

2021/11/16

タイトル通りです!日々の些細な体重変動はおいておき、 太った=脂肪が増える 痩せた=脂肪が減るといえるでしょう。脂肪が増えるにはカロリーでいうと+7200kcal 現状維持プラスマイナス0のエネルギー摂取したとして、 これはおにぎりを1個200kcalとすると36個、30分のランニングを24回(約週5~6) こう見ると簡単には太らないですし、逆に簡単には痩せませ……

気にしなくていい体重変化

2021/11/02

・便通これも体重には関係します。食べた物がでなければ体重は増えます。 ・糖質、塩分糖質もしくは塩分の摂りすぎはむくみの原因として多いです。糖質は細胞内に1:3で水を貯え、塩分は浸透圧の関係で水を貯えます。 ・低気圧気圧が下がると、体や血管にかかる圧力が低くなるので、血液中の水分が細胞内に移行する為浮腫みます。 ・寒さ、冷えむくみには、筋肉と血管が大きく関わります。寒くなると筋肉……

幸せホルモン

2021/10/26

ストレスホルモン同様に幸せホルモンと呼ばれるセロトニンについてです。精神の安定、安心、頭の回転、直観力を活性化するホルモンですが、ストレスに対し効能があることでも知られています。 セロトニンの働きが不十分だと、疲労やストレスも感じやすくなり、意欲も減ってしまいます。そのことが腸内細菌のバランスを乱し、食物の消化・吸収もスムーズにいきません。 セロトニンは日光を浴びたり、リズミカルな運……

ストレス太り

2021/10/19

コルチゾールという名前を耳にしたことがあるのではないでしょうか?ストレスによるコルチゾールの増加は、体重の増減にも大きな影響を及ぼしかねません。 コルチゾール自体が悪者なのではなく、あくまで分泌量が増えすぎた場合の話です。 コルチゾール値が高すぎると体は食べ物が足りていない(燃料不足)と思い込み、代謝を遅らせてしまいます。またこの状態になると、タンパク質(筋肉)をアミノ酸に分……

筋力と競技

2021/09/28

筋肉が大きくなるほど筋力は強く、強くなるほどスピードも速くなります。 しかし 筋肉によって生み出されるパワーやスピードがそのまま競技に発揮されるわけだはありません。車に例えるならば、エンジン(筋肉)の力を走行に変換するギアやタイヤ(骨、関節)、そしてそれをコントロールするドライバー(人間)が必要になります。 なので筋肉から生み出される力やスピードをコントロールすることで……

慣れ

2021/09/14

体にはストレスに適応する性質があります。 トレーニングによる強い刺激もストレスといえます。 トレーニングによる刺激は筋肉を強く太く成長させますが、ある程度たつと体が慣れ頭打ちになります。 これを「順化」といいます。 同じ筋トレを週三回の頻度で継続すると90日前後で頭打ちになるという実験結果もあります。 これを乗り越えるには、 ・負荷を重くする……

筋繊維の向き

2021/09/01

筋繊維の向きにより収縮速度が変わります。 筋繊維が同じ収縮をしても繊維が傾いているか、垂直かで筋肉全体の同じ量の収縮速度は変化します。 筋肉の向きに対し、筋繊維が平行な筋肉は繊維の収縮と筋肉全体の収縮がほぼほぼイコールになるため、筋収縮速度が速くなり筋肉の向きに対し、筋繊維が傾いていると同じ繊維の収縮をしても筋肉全体の収縮が小さくなるため、筋収縮速度が遅くなります。並行筋と羽……

反動を使う

2021/08/20

スポーツにおいては筋力のみでなく反動を使うことでパフォーマンスを発揮する場面が多くなります。 ①ひざや股関節を使わずに地面の反発を使ってジャンプ②スクワットでしゃがみこんだ状態からジャンプ③腕の振りを使って瞬時にしゃがみ込みジャンプ④一度ジャンプして降りるときに腕の振りを使って瞬時にしゃがみ込みジャンプ ①~④では、④>③>②>①の順番で高く飛べるはずです。 そ……