スペラサン ロゴ

減量とダイエット

痩せるのも太るのも大変

2021/11/16

タイトル通りです! 日々の些細な体重変動はおいておき、 太った=脂肪が増える 痩せた=脂肪が減る といえるでしょう。脂肪が増えるにはカロリーでいうと+7200kcal 現状維持プラスマイナス0のエネルギー摂取したとして、 これはおにぎりを1個200kcalとすると36個、30分のランニングを24回(約週5~6) こう見ると簡単には太らないですし、逆に簡単には痩せません。 時間をかけて増やしたものは焦らず気持ちにゆとりをもって落としていくことがおすすめです(^^ 公式ラインからお問い合わせいただけると幸いです ^^お気軽にお問い合わせください! ▹HPhttp://www.tarzan-training.com/ ▹公式ラインhttps://lin.ee/wMQpILB ▹インスタグラムhttps://www.instagram.com/it_tarzan/

気にしなくていい体重変化

2021/11/02

・便通これも体重には関係します。食べた物がでなければ体重は増えます。 ・糖質、塩分糖質もしくは塩分の摂りすぎはむくみの原因として多いです。糖質は細胞内に1:3で水を貯え、塩分は浸透圧の関係で水を貯えます。 ・低気圧気圧が下がると、体や血管にかかる圧力が低くなるので、血液中の水分が細胞内に移行する為浮腫みます。 ・寒さ、冷えむくみには、筋肉と血管が大きく関わります。寒くなると筋肉が冷え固まります。すると血をめぐらせるポンプである心臓力も弱まるため血液の巡りが悪くなるため浮腫の原因になります。疲れや寝不足も血液循環が悪くなることが原因でむくみます 「太る=体重が増えた」 と考えるとどれも脂肪が増えたわけではないはずです。 焦らずそれぞれの対処法で解決していきましょう(^^ 公式ラインからお問い合わせいただけると幸いです ^^お気軽にお問い合わせください! ▹HPhttp://www.tarzan-training.com/ ▹公式ラインhttps://lin.ee/wMQpILB ▹インスタグラムhttps://www.instagram.com/it_tarzan/

なんか痩せない….

2021/07/31

ダイエット、頑張っているのに落ちない。。。そんな時に再度振り返ってみた方がいいこと! ①1日の飲食を書き出して見る。思っている以上に実際はたべてしまっているかもです。支出のバランスが大切です。1度PFCやカロリーもきちんと計算してみましょう(^^ ②頑張って動いた以上に食べてしまっているせっかく頑張って消費を増やしたのに、頑張ったからと食べ過ぎているかもです。 ③タンパク質を気にしすぎのカロリーオーバー糖質や脂質を摂り過ぎないよう気をつけているものの、タンパク質には脂質が付いて回ることが多くカロリーオーバーなんてことも ④食べなさすぎ食べる量を減らしすぎて、体が省エネモードになり代謝が落ちてしまっているかも ⑤浮腫み塩分・糖質の摂り過ぎ、寝不足など浮腫みが原因で体重が落ちていないのかも 個人的には①と④が多いイメージです(^^ 公式ラインからお問い合わせいただけると幸いです ^^お気軽にお問い合わせください! ▹HPhttp://www.tarzan-training.com/ ▹公式ラインhttps://lin.ee/wMQpILB ▹インスタグラムhttps://www.instagram.com/it_tarzan/

体つくりにおける、お水の大切さ

2021/07/24

「1日2Lの水を飲んだ方がいい。」よく聞くワードだと思います。 見ず飲んだって!と思うかもですが、でも飲んだ方がいいです。 人の体の大半は水分です。筋肉に至っては8割が水分です。筋肉をつけるためにも、代謝を上げるためにも水分は必要になります。 きれいなお水できれいなお花が育つように、体にも新しいお水をあげましょう。 2L飲むのがきつい。そう思う方も多いはず。 一気にたくさん飲む必要はないので、1日のトータルとしてこまめにお水を飲みましょう。例えば、・寝起きに1杯・毎食前後に1杯(計6杯)・寝る前に1杯・1日の生活で上記以外に水筒やペットボトルを持ち歩き、飲み切る。 これだけでそれなりに水分量は稼げるはずです(^^ 公式ラインからお問い合わせいただけると幸いです ^^お気軽にお問い合わせください! ▹HPhttp://www.tarzan-training.com/ ▹公式ラインhttps://lin.ee/wMQpILB ▹インスタグラムhttps://www.instagram.com/it_tarzan/

食事の減らす量

2021/07/15

ダイエットや痩せることを考えた時に、まず考えるのは”食事量を減らす”だと思います。 でも「食べてないのに痩せていかない」と言うのを聞くことが多々あると思います。 原因はいろいろ考えられるとは思いますが、今回は”食べてない”という事にピントを合わせていきたいと思います。 一日の消費量が2500kcalの人が、突然一日の摂取エネルギーを1000kcalにした場合と2000kcalにした場合。 前者は脂肪が落ちにくくなってしまいます。体が入ってくるエネルギーでなんとか活動しようと省エネモードに代謝が下がってしまうからです。 何事も 入ってこなければ出ていかないということですね。 なので消費と摂取が±0のところから摂取量を-300~500kcal少なくし数ヶ月単位で見て行った方が良いでしょう(∵`)継続が大事なので少しづつでいいので続けていきましょう! 公式ラインからお問い合わせいただけると幸いです ^^お気軽にお問い合わせください! ▹HPhttp://www.tarzan-training.com/ ▹公式ラインhttps://lin.ee/wMQpILB ▹インスタグラムhttps://www.instagram.com/it_tarzan/

糖質制限か、脂質制限か

2021/07/03

ダイエットを考えた際な持ち上がって来るのが脂質を抑えるか、糖質を抑えるかだと思います。 どちらも摂らなければ痩せます。 が どちらも三大栄養素と呼ばれるものの1つで、体に必要なものです。どちらも完全カットは宜しくないです。 そこで自身の食生活を振り返ってみてください。油っこいものを多く食べているのならそれを減らし、無駄に糖質を摂りすぎているのならそれを減らしましょう。 まずは自身の生活を振り返ってみることが大切です(∵`) 公式ラインからお問い合わせいただけると幸いです ^^お気軽にお問い合わせください! ▹HPhttp://www.tarzan-training.com/ ▹公式ラインhttps://lin.ee/wMQpILB ▹インスタグラムhttps://www.instagram.com/it_tarzan/

痩せるなら、筋トレ?有酸素運動?

2021/06/26

体を絞るなら有酸素運動か筋トレか。 結果的にはどちらもやった方がいいです。答えになっていませんが。。。【筋トレ】瞬発的にエネルギーが必要となるので、即効性の高い糖が使われやすい。【有酸素運動】強度は高くないものの酸素を取り込みながらできる運動。酸素と結びついて脂肪が使われやすい。 もちろんその日の食事、トレーニング時間、強度などにもより消費は変わりますし、どちらも脂肪や糖も使われます。ただ上の内容だと有酸素運動の方がよさげに見えますが、筋トレはそれにより筋量が増えることで代謝UPすることができます。すなわち、日常生活での消費量が増えるということになります。有酸素運動は脂肪が使われやすいですが、有酸素運動をしたときのみなので日常的な消費量を上げるため筋トレもした方がよい、というよりどちらもした方が良いといえるでしょう。 公式ラインからお問い合わせいただけると幸いです ^^お気軽にお問い合わせください! ▹HPhttp://www.tarzan-training.com/ ▹公式ラインhttps://lin.ee/wMQpILB ▹インスタグラムhttps://www.instagram.com/it_tarzan/

ダイエット『何から始めたらいいのか』

2021/06/05

「ダイエットをする!!」と決めてから、何から始めよう。。。と考えてしまう方も多くいるかと思います。 もちろん体重も一つの指標にはなりますが、ダイエットは「無駄な脂肪を無くすこと」。その結果として体重も落ちる。と考えています。 ○○ダイエット、△△ダイエット、××ダイエットの前に、今の食生活を素直に見つめ返し、振り返ってみましょう。 太ってしまったということは、基本的に余分にエネルギーを摂ってしまっているといえるので、今の生活の中に原因があるでしょう。 その中で、不必要なものを不必要なタイミングでとってしまっていないか。必要なものでも摂り過ぎてしまっていないか。 その無駄を見つけ、無くすだけで少しづつ体は変わってくると思います(^^筋トレのフォームが…」、「サプリが…」よりもまずはベースになる簡単な基本的なことから始めてみましょう。 公式ラインからお問い合わせいただけると幸いです ^^お気軽にお問い合わせください! ▹HPhttp://www.tarzan-training.com/ ▹公式ラインhttps://lin.ee/wMQpILB ▹インスタグラムhttps://www.instagram.com/it_tarzan/

ケトジェニック

2021/04/21

ケトジェニックは、糖質を制限し、脂質を多く摂りエネルギーにしながら体脂肪を落としていく方法です。人の体は糖質をエネルギー減にしています。そこで糖質を取らずにいると、脂肪を分解して作ったケトン体をエネルギーとして体を動かします。この状態をケトーシスといいます。 まとめると、「糖質というエネルギーがないと脂肪をエネルギーにするモードになる。」ということです。なので高脂質、低糖質の食事をとる必要があります。目安のPFCバランスは、P=20%F=75%C=5%くらいです。 【メリット】・即効性がある。→体から糖質が抜けるので体に水分を蓄えにくくなり序盤から体重が落ちる。 ・脂肪の減りが早い→体脂肪をエネルギーにしているので脂肪の減りが早い。 【デメリット】・結構お金がかかる。→高脂質な食べ物は高いです。 ・しっかり計算して行わないと頭がぼーっとしたりする。→血統落ちが上がりにくいのでぼーっとしてしまうことがある。なのでケトン体を作るサイクルを早める為に、しっかり脂質を摂る。 ・食べられるものの制限が多い。→糖質を少しでも多めに摂るとリセットされてしまうため、調味料等に含まれる糖質も気にしなくてはならない等制限がかかる。 ・ケトン体によって体臭がきつくなる場合もある。→代謝機能を維持・アップする必要があるので十分な水分補給と適度な運動が必要。 【注意点】・脂質をしっかりとる。よってカロリーをしっかりとる。 ・「炭水化物=糖質+食物繊維」気を付けるのは糖質。表記がなければ炭水化物=糖質と考える ・期間を決めて行う期間を決めないと体調を崩したりリバウンドの恐れがある。高脂質になるので、血管が詰まり脳梗塞や心筋梗塞のリスクを高めるのも事実です。 ・期間が修了したら少しづつ糖質、脂質のバランスを戻していく。一気に戻すとリバウンドしてしまいます。また糖質を摂ることで体が水をストックするのでその分体重は増えます。これは自然のことなのであまり気にする必要はないです。 公式ラインからお問い合わせいただけると幸いです ^^お気軽にお問い合わせください! ▹HPhttp://www.tarzan-training.com/ ▹公式ラインhttps://lin.ee/wMQpILB ▹インスタグラムhttps://www.instagram.com/it_tarzan/