u

3月 2021

痩せたのにこの部分だけ脂肪が・・・そう感じる人も多いと思います。中でもお腹周りが落ちないと感じる方も多いのではないでしょうか。 筋肉は部分的に鍛えればつき、そこを使わなかったりすると落ちていきます。しかし基本的に体脂肪は全身均一に落ちていきます。例えば、上半身がマッチョなのに足全体が細かったりする人は見ても、上半身がめちゃくちゃ太ってるのに足だけガリガリという人はあまりいないと思います。 気になる部分だけ落ちてないと感じるのは、「落ちてはいるんだけど、実感ができていない」だけと思っていいと思います。諦めずにダイエットを続ければ落ちていくんです。 この"落ちている実感"の感じやすさは部位により差があるのは事実です。 何故かと言うと、体脂肪は均一に落ちますが、均一にはつかないからです。 脂肪は体の熱を保ったり、内蔵を守ったり、エネルギーの貯金としての役割もあります。なので体脂肪は手足などの末端より、体の中心に近い所につきやすいのです。お腹などがそうです。 でも前述のとおり均一に落ちているので焦らず、諦めず継続していくことが大事です! 公式ラインからお問い合わせいただけると幸いです ^^お気軽にお問い合わせください! ▹HPhttps://tarzan-training.com/ ▹公式ラインhttps://lin.ee/wMQpILB ▹インスタグラムhttps://www.instagram.com/it_tarzan/

筋トレや運動等、スポーツをする際のお水のお話です。 人の体は60~70%が水分でできています。ほとんどは水です。それほど体には水が大切ということですね。そして、筋肉にいたってはは8割程が水分です。逆を言えば、水分が減ると体は脱水症状になりパフォーマンスが下がるのと同じく、水分が減ると筋肉のパフォーマンスも下がります。 なので喉が渇く前にちょこちょこと水分をとる事が大事です。喉が渇いたと感じた時には既に2%の水分が失われています。 血流をサラサラにするにも水分をしっかり摂る必要があります。なぜならば血液は血流にのって体に栄養を運びます。これは筋肉へも同様です。また、これは筋トレによりたまった乳酸の排出にも一役買うためなおのことお水はしっかりと飲みましょう! 利尿作用のある飲み物はなるべく避けた方がいいかもしれません。しっかり水分を取りながら運動しましょう(^^公式ラインからお問い合わせいただけると幸いです ^^お気軽にお問い合わせください! ▹HPhttps://tarzan-training.com/ ▹公式ラインhttps://lin.ee/wMQpILB ▹インスタグラムhttps://www.instagram.com/it_tarzan/

「筋肉をつけながら脂肪は落とせるのか」これができたら最高ですし、実際できるのか気になるところですよね。ターザン的見解は”できるかもだけど、とっても難しい”です。基本的には、バルクアップと減量・ダイエットは対極にあるといえます。 ・筋肉をつけるためには(摂取カロリー>メンテナンスカロリー)となることが必要 ・減量・ダイエットで体脂肪を落とすためには(摂取カロリー<メンテナンスカロリー)となることが必要 メンテナンスカロリーはこちらを参照。 ただし、筋肉は狙った部分に負荷を与え鍛えることができますが、脂肪はそうはできません。部位により付きやすさは変わりますが全体につきます。以前お話ししたように脂肪は予備バッテリーのようなものです。三大栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物)の余剰分のエネルギーは脂肪として蓄積されます。 「筋肉をつけながら脂肪は落とす」とは少しずれますが、トレーニングをしつつ筋肉を増やすために必要分だけタンパク質とカロリーを摂り、脂肪の増えないギリギリの摂取量にすれば理論上は脂肪をつけづ筋肉を増やせるといえるでしょう。ただこれは数値として出すのもなかなか難しく、経験やフィーリングにゆだねられる部分も大きいです。自分自身でいろいろと試してみる必要が出てきます。そして難しいです。運動・トレーニング経験の短い方ほど筋肉をつけながら脂肪は落としやすく、経験が長い人ほど筋肉をつけながら脂肪は落としにくいといえます。これまで運動をしていなかった人は少ない刺激でも筋肉は付きやすいですし、運動をしていなかったのであれば消費量も増えるので脂肪も落ちやすいです。使われていなかった筋肉は刺激に反応し焦って栄養を欲して成長します。脂肪もまたしかりで燃やされるからです。 ですが基本的には、筋肉をつけるには脂肪はつき、脂肪を落とすときに筋肉はつけにくいと考えておいて行動したほうが間違えはなさそうですね。 ▹HPhttps://tarzan-training.com/ ▹公式ラインhttps://lin.ee/wMQpILB ▹インスタグラムhttps://www.instagram.com/it_tarzan/

今の世の中、ダイエットや減量のやり方はたくさんあります。そしてメリット、デメリットも様々です。自分が何を目指すのか、目的や目標によって使い分けが必要だと思います。   まず、自分の中では「ダイエット」と「減量」とで大きく2つに分けていて、 ①ダイエット普段(日常)の見た目をすっきりする。 ②減量コンテスト当日や試合前の計量に向けたもの。 それぞれ、 ①の場合、健康を保ったまま見た目をすっきりさせるのが目標で“継続的にそれを維持できるようになる”こと。 ②の場合、コンテスト“当日”や“計量”に向けたもので①に比べとても短期的で瞬間的なもの。さらにコンテストに向けた減量は脂肪をそぎ落とし皮一枚にしていくもの、計量に向けた減量は決められた数字まで体重を落とすもの。 どちらも大変なものですし、結果として脂肪も落ち、体重も一つの目安になったりもするのですが、目的が違うのでそれに合った方法かつ自分に合った方法を選びたい所です。 いろいろと理屈はあっても、人の体はみんな違うので合う合わないもあります。時間のある時にいろいろと試して体の反応を見てみるのもいいと思います。 公式ラインからお問い合わせいただけると幸いです ^^お気軽にお問い合わせください! ▹HPhttps://tarzan-training.com/ ▹公式ラインhttps://lin.ee/wMQpILB ▹インスタグラムhttps://www.instagram.com/it_tarzan/

2ヵ月後、3ヵ月後に-15kg、20kg!という広告も見ますが、リバウンドしてしまったという話も良く聞きます。 何かを一定期間我慢して、それをやめたら元に戻ったという事。体は生きるために一定に体を保ちたがるので仕方のないことです。 もちろん目標達成に向けての頑張りは素晴らしいことです!! そして目的によってはそれも、もちろんありです! 「ただリバウンドしてしまった。」という人の中には、リバウンドしたくない。=痩せた状態を維持したい。という人もいるはず。 そういった人は我慢して短期で一気に落とすよりも、ペースは落ちますが、短期間我慢ではなく食事に対する考え方を考え直して太りにくい生活や食事を習慣化していくべきであると思います。 例えば糖質制限で糖質を我慢して痩せたとしても、辞めてしまったら元通りですし、糖質我慢するのって結構大変です。自分も甘いもの大好きなので、、(笑) 糖質が“悪”ではなく三大栄養素といわれるだけあって体にとって必要なものです。もちろん脂質もまたしかりです。 ではそれがどう必要なのか。それを頭に置きながら、いつ何を食べるかの意識を生活の中に自然と取り込む事ができれば体型維持もしやすくなるはず!そしたらリバウンドに対する考え方が変わるような気がします。 公式ラインからお問い合わせいただけると幸いです ^^お気軽にお問い合わせください! ▹HPhttps://tarzan-training.com/ ▹公式ラインhttps://lin.ee/wMQpILB ▹インスタグラムhttps://www.instagram.com/it_tarzan/

あんまり食べてないのに痩せない・・・の内容とも少し被る内容になるのですが、カロリー制限についてです。 食べなすぎると代謝が下がり痩せにくくなってしまいます。他にも停滞する理由は有りますが、今回はカロリーについてです。 例えば、これまで1日2500kcalで生活している人が1日2000kcalにすると1日-500kcal。すると少しづつ体重は落ちて1日2000kcalで±0になる体重まで落ちます。ただ±0なので停滞というよりもそこで体重はキープされます。 もちろん食べる量を増やせば、また体重は増えますし、減らせば体重も減ります。これは体重が落ちなくなったといってもあんまり食べてないのに痩せない・・・とは少し意味合いが違うので、それによって対処も変わってきます。こういう時は、今なぜ体重が止まっているのか考えてみたほうがいいですね(^^ 公式ラインからお問い合わせいただけると幸いです ^^お気軽にお問い合わせください! ▹HPhttps://tarzan-training.com/ ▹公式ラインhttps://lin.ee/wMQpILB ▹インスタグラムhttps://www.instagram.com/it_tarzan/

よく仕事に集中する為やトレーニング前などにカフェインを摂るという話を耳にするかと思いますが今日はカフェインについてのお話です。 カフェインは、・運動持続時間の延長。・脳の興奮水準を高める。・長時間運動時の疲労を軽減。などパフォーマンスアップに役立ちます。 カフェインが脂肪分解酵素を活性化するので、脂肪燃焼がより促進されます。つまり運動中の脂肪利用を促進する為、糖質が不足することを防ぎ運動持続時間を延ばすとされています。 難し言い回しをしましたが、脂肪を燃やしやすくします。 なのでカフェインを摂るならば運動前がおすすめですね^^また効果が減ってくるのが個人差はあれど約4時間といわれています。 以上のことから朝のお散歩にもおすすめです。 カフェインを摂りすぎると、めまい、興奮、不眠症、吐き気などの副作用もあるので注意が必要です。カフェインは普段の食事の中にも含まれているので摂りすぎには気をつけましょう。 目安としては、健康な成人で400mg/日といわれています。何事も摂り過ぎは良くないですね ^^) 公式ラインからお問い合わせいただけると幸いです ^^お気軽にお問い合わせください! ▹HPhttps://tarzan-training.com/ ▹公式ラインhttps://lin.ee/wMQpILB ▹インスタグラムhttps://www.instagram.com/it_tarzan/

ダイエットをしている方!ぜひ朝のお散歩をしてみてください。 ルールはとても簡単です。 ①朝起きてご飯を食べる前に散歩する。②散歩前にカフェインを摂る。③散歩時間は30分程度。この3つです。 ①「朝起きてご飯を食べる前に散歩する。」夜ご飯を食べてから時間がたっているので、エネルギーとなる糖質が1日で最も少ない状態になっています。その状態で運動をすることで脂肪を燃焼させます。 ②「散歩前にカフェインを摂る。」カフェインの効果によって脂肪の燃焼を促進させます。※カフェインについての詳しくはこちら ③「散歩時間は30分程度。」脂肪の燃焼スイッチが入るのがスタートから15~20分後からといわれています。また続けられる範囲でコツコツ続けることが大事なので、朝は忙しい時間でもあるのでに30分程でOKです。 これにより運動後もエネルギー消費が高い状態が続く為、1日の消費も必然的に高くなります。 【注意点】・散歩前、散歩中お水はしっかりとりましょう。・散歩後はきちんと朝食を食べましょう。・無理のない範囲で続けましょう。 他にも、日光を15〜30分浴びると「幸せホルモン」と呼ばれ、ストレスに対して効力のあるセロトニンが分泌されます。太陽の光を浴びることで心身ともにリフレッシュできますね!一日を気持ちよくスタートできます! 無理のない範囲で“続けていく”ことが大事です^^ 公式ラインからお問い合わせいただけると幸いです ^^お気軽にお問い合わせください! ▹HPhttps://tarzan-training.com/ ▹公式ラインhttps://lin.ee/wMQpILB ▹インスタグラムhttps://www.instagram.com/it_tarzan/

「あんまり食べてないのに痩せない」 そういった話をよく耳にしませんか。 そんな時はもう一度、振り返ってみてください。 飲み物等もそうですが、細かいところで計算がズレているパターンもあります。 そして、食べる量を減らしすぎても痩せにくくなります。極論を言ってしまえば飲まず食わずでいれば体重は落ちます。でもそれは“痩せる”ではなく“やつれる”です。やつれるは“痩せ衰える”事なので良いわけがありません。 なので食べ物を少なくしすぎると体もそうならないために、省エネモードになってしまうのです。代謝が悪くなり今の体を維持しようとします。そこに食べ物が入ってきたら体は「何としても吸収してエネルギーにしよう!」と考えます。そしていつも以上に吸収してしまうんですね。 つまり代謝を落とさないためには、ちゃんと食べながらダイエットなりボディメイクなりを行っていかなくてはならないんです。体に「エネルギーが入ってくるから消費しよう!」と思っていてもらわないといけません。よくお金も使わないと入ってこないというように、体も入れないと消費しないんです。 余談ですが、「水抜き」という言葉をお聞きしたことがあるかと思うのですがこれもまた似たような仕組みを使うんです。それはまた後日書きます! 公式ラインからお問い合わせいただけると幸いです ^^お気軽にお問い合わせください! ▹HPhttps://tarzan-training.com/ ▹公式ラインhttps://lin.ee/wMQpILB ▹インスタグラムhttps://www.instagram.com/it_tarzan/

Close
墨田区のパーソナルトレーニング スぺラサン

パーソナルトレーニング初回体験半額しています。まずは体験で楽しんでください!
LINEで友達追加しておくと予約・キャンセルなどが楽になります。

友だち追加

SUPERAÇÃO(スぺラサン)のパーソナルトレーニングは、「楽しみながら、継続できる」をコンセプトに、キックボクシングやフィジカルトレーニング(筋トレ)をご希望に合わせて行います。私自身の多くの失敗や成功をベースにした経験を伝えられるのが、SUPERAÇÃO(スぺラサン)のトレーニングです。

石渡“ターザン”昂士

1989/12/16生
東京都出身
170cm/72kg

SNS
About